top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

野菜生産とエネルギー

Jan 6, 2023

ESマガジン

欧州の農業・食品団体は、エネルギー価格の高騰により、より多くの企業が生産を抑制せざるを得なくなるため、果物や野菜の不足につながる可能性があると述べた。

北欧と西欧では、欧州のエネルギー危機による経済的打撃により、野菜生産者は活動を停止し、食料供給をさらに脅かしています。欧州の農業・食品団体は、エネルギー価格の高騰により、光熱費の高騰により生産抑制を余儀なくされる企業が増え、果物や野菜の不足につながる可能性があると述べた。


電力価格やガス価格の上昇は、トマト、ピーマン、キュウリなどの温暖な温室で冬を越す作物や、リンゴ、タマネギ、エンダイブなど、冷蔵倉庫に入れる必要がある作物に影響を与えます。


エンダイブは特にエネルギーを大量に消費します。秋に収穫された球根は、霜が降りることのない状態で保管され、その後、温度管理された容器に植え替えられ、一年中収穫できます。

ヨーロッパ全土で、農業従事者や食品会社は、エネルギーコストの上昇に苦しみ、生産量を減らしています。モンタルバーノ氏によると、電気代は昨年の同時期の約5倍だという。

ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が西側諸国の制裁に対応してガス供給を削減した今、季節的な食料不足の見通しは、当局の支援を求める業界の警告を呼び起こした。温室の業界団体Glastuinbouw Nederlandが述べているように、3,000人の会員のうち最大40%が経済的に苦しんでいます。農業従事者が戦っているのは、インフレとエネルギー価格の高騰だけではありません。肥料、包装、輸送の運賃はすべて上昇しており、利益率を脅かしています。


EUは、職業や一般家庭のエネルギー価格に上限を設けるだけでなく、農家に打撃を与えかねない消費削減を課す提案について協議することを検討している。「FORCE」のようなエネルギー消費を削減できる省エネデバイスを使用することは、私たちに有利にスケールを傾ける可能性が非常に高いです。

bottom of page