top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

海水を光に変える

Oct 11, 2022

デジーン

コロンビアの再生可能エネルギースタートアップ企業E-Dinaは、塩水を電気に変換できるコードレスライトを製造しました。

電力は経済的機会と優れた生活の質を提供します。世界保健機関(WHO)によると、世界で少なくとも8億4,000万人が電気を利用できない状況にあります。そのため、日中以外の仕事、重要なタスクの実行、世界とのつながりの維持が制限されます。さらに、多くの地域では緊急サービスへのアクセスも欠如しています。


コロンビアの再生可能エネルギースタートアップ企業E-Dinaは、塩水を電気に変換できるコードレスライトを製造しました。これは、グリッドから外れているコミュニティでのソーラーランタンのより信頼性の高い代替品です。このポータブルデバイスはWaterLightと呼ばれます。


ライトは、ウラパン材で作られた円筒形のケースで構成されています。そのベースには回路が組み込まれており、上部には穴あきキャップがあり、水がデバイスに流れ込み、イオン化プロセスの副産物として形成された水素ガスが逃げるという二重の機能を果たします。


500ミリリットルの海水(緊急時には尿)を入れるだけで、使用者の種類に応じて最大45日間の光を発することができます。ミニ発電機として機能します。また、内蔵のUSBポートを介して携帯電話などの小型機器を充電したり、小型ラジオに電力を供給したりするためにも使用でき、小さなコミュニティや世界全体とのつながりの感覚を育むことができます。

その過程で、塩と水が分離され、塩の粒子が蒸発します。ランプは空にして補充することができ、ライトに残った水は調理、洗濯、または掃除に使用できます。


当初のプロジェクトは、遠隔地への供給に多用されているが天候に左右される太陽エネルギーの代用として計画されました。WaterLightは、その即時再生機能により、太陽エネルギーランタンよりも効率的です。太陽エネルギーをバッテリーを充電する代替エネルギーに変換する必要があるソーラーランタンとは対照的に、水で満たされると、エネルギー供給は瞬時に行われます。ソーラーランタンは、太陽があって初めて機能します。


生理食塩水に含まれる電解質がランプ内部のマグネシウムや銅板と反応して発電するイオン化により、24時間稼働します。これは長い歴史を持つプロセスですが、E-Dinaは化学反応を長期間持続させる方法を開発し、光源の動力源として使用できるようになりました。


1つのライトは、その寿命を通じて約5,600時間のエネルギーを生成することができ、必要な頻度にもよりますが、2〜3年の使用に相当します。この製品は、NGO、政府、民間団体が購入し、必要に応じて配布することができます。


このランプは、南米最北端の海岸砂漠に住む先住民族であるワユー族のために特別にデザインされました。この地域は貧困に苦しみ、政府から忘れ去られた人々であるため、地域は電気にアクセスできません。この技術は、電気が通っていない沿岸地域向けのソリューションです。


「この世代のウォーターライトは、これらの伝統に触発され、ワユー族の職人が自分の手でストラップを作りました」とピネダは言います。


各ライトは製造に費用がかかり、それぞれ約60ドルから100ドル(ソーラーははるかに安価)ですが、この技術はより信頼性が高く、ライトを即座に充電します。電力需要は2035年までに70%増加すると予想され、従来の化石燃料は今後52年間で枯渇すると推定されているため、解決策が緊急に必要とされています。ENPOSSは、環境に優しく、化石燃料の使用を削減する持続可能なエネルギー生成のアイデアを称賛しています。

bottom of page