top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

ネットゼロエミッションへの競争

Jan 24, 2023

国立アカデミー

ネット・ゼロ・エミッションを達成するには、あらゆる分野での変革が必要です。しかし、2050年までにこの大きな目標を達成するためには、米国のエネルギー部門に大きな変化がなければなりません。

最新の研究や科学によると、気候変動の最悪の影響は過去数年間で地球全体に及んでいることが明確に述べられています。これは世界的な脅威であり、懸念であり、行動の呼びかけとなっています。気候変動に関する法的拘束力のある国際条約であるパリ協定は、今世紀末までに地球の気温上昇を摂氏2度未満に抑えることを目的としたものです。

バイデン政権下の米国は、温室効果ガスの総排出量で中国に次ぐ第2位であることから、気候問題の深刻さと地球温暖化を1.5°C未満に抑えるために必要な野心を認識し、パリ協定に再加盟しました。


中国、米国、EUは、世界の温室効果ガス排出量のほぼ半分を占めています。

これを受けて、米国はネットゼロエミッション目標を設定しました。米国と中国は、気候危機に取り組むというコミットメントを示す共同声明を発表しました。

米国政府は2021年11月にUNFCCC(国連気候変動枠組条約)に米国の長期戦略を提出し、2050年までにネットゼロエミッションを達成することを正式に約束しました。

ネット・ゼロ・エミッションを達成するには、あらゆる分野での変革が必要です。しかし、2050年までにこの大きな目標を達成するためには、米国のエネルギー部門に大きな変化が必要です。


  1. クリーンエネルギー(電力)発電:風力、太陽光、原子力、水力(水)発電などの再生可能エネルギー源からの発電に焦点を当て、蓄電の進歩と組み合わせることで、米国の電力需要の多くを最小限のCO2排出量で提供できます。



  2. より多くの電力を動力源とする輸送の使用:最も一般的な温室効果ガス排出者の1つは、化石燃料で走る自動車、バス、トラック、電車、飛行機などを意味する輸送部門です。電気自動車、トラック、および温室効果ガス排出量の少ないさまざまなモードへの切り替えは、ネットゼロ目標の達成に大きなプラスの影響を与える可能性があります。



  3. 大気中の二酸化炭素の除去 : コストがかかりすぎたり、回避が困難な排出物を相殺するには、大気からCO2を除去し、恒久的に貯留する必要があります。これは、空気中のCO2を直接回収し、大気中に再突入しないように閉じ込める技術で実現できます。植物や土壌はすでに大気からCO2を除去しており、特定の土地管理慣行は、炭素を吸収して貯蔵する能力を高めることができます。



  4. エネルギー効率の高い製品と省電力技術の使用:エネルギー使用量を削減するより効率的な技術とプロセスも、排出量を大幅に削減できます。また、エネルギーが必要なときと必要ないときを感知する「スマート」テクノロジーは、電力の生成方法と使用方法を最適化し、無駄を最小限に抑えるのに役立ちます。


ENPOSSの省エネ機器「FORCE」は、電気が使用されているあらゆる施設に設置でき、電気の流れを増やすことで効率的に電気の損失を減らすことができ、電気料金の削減と省エネにより、ネットゼロエミッションの目標に貢献します.

bottom of page