top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

石炭から再生可能エネルギーへのシフトは、ガスよりも安価に

Oct 14, 2022

CNBCの

気候分析会社TransitionZeroの調査結果によると、石炭からクリーンエネルギーへの切り替えは、再生可能エネルギーによってコストと蓄電池が削減されるため、石炭からガスへの切り替えに比べて安価です。

石炭とガスの価格が上昇したことで、明るい見通しが立っています。

気候分析会社TransitionZeroの調査結果によると、石炭からクリーンエネルギーへの切り替えは、再生可能エネルギーによってコストと蓄電池が削減されるため、石炭からガスへの切り替えに比べて安価です。


「石炭火力発電から再生可能エネルギーへの貯蔵への切り替えを奨励するために必要な炭素価格は、マイナスの価格に下落しました」と、TransitionZeroのアナリストであるJacqueline Tao氏は述べています。つまり、基本的には、コストを抑えて再生可能エネルギーに切り替えることができるということです」と、彼女はCNBCの「Street Signs Asia」に語った

2010年以降、石炭やガスと比較して、石炭からクリーンエネルギーへの切り替えにかかる世界平均コストは99%跳ね上がりました。C3PIプロジェクトまたは石炭からクリーンカーボンへの炭素価格指数を使用して、炭素価格レベルを測定し、石炭から再生可能エネルギーへの切り替えを促進するために必要な炭素価格は、2022年に排出された二酸化炭素1トンあたり平均-62ドルに達しており、石炭からガスに引き上げると235ドル/tCO2になることが示されました。


石炭から再生可能エネルギーへの移行は、各国で高コストであり、その価格もさまざまです。再生可能エネルギーを選択することは、コスト削減に役立つだけでなく、エネルギー安全保障上の懸念を高めるのに役立ちます。また、気候変動リスクに対するヘッジにもなります。再生可能エネルギーへの投資は多くの良いことをしますが、FORCEのような省エネデバイスへの投資は、電気代を5〜15%節約するというメリットがあり、電力消費量を10〜20%削減し、電気を使用するものなら何でも使用できます。


詳細については、www.enposs.com をご覧ください。

bottom of page