top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

食品包装に使用されるプラスチック

Nov 25, 2022

フードプリント

世界標準の包装廃棄とリサイクルのシンボルは、錫、アルミニウム、段ボールなどの他の包装材料にも適用されますが、プラスチック包装の廃棄は、他の包装材料と比較すると深刻です。

今日では、食品は1か所で栽培および調理され、より広い地理的領域でより多くの人々を養うため、需要を満たすために包装技術が向上しています。私たちは、食品の安全性、信頼性、常温保存性、清潔さを実現する方法を提供するため、プラスチック製のキャリーバッグ、プラスチック製の梱包品、およびプラスチック製の包装ソリューションを使用して食品やその他のものを梱包しています。

残念ながら、ほとんどの食品包装は使い捨てに設計されており、リサイクルされていません。どこで買っても、すべての食品はビニール袋に詰められて加工され、水路に散らかっています。水生生物、土壌、空気に害を及ぼします。このため、国連は海洋のプラスチック汚染を「地球規模の危機」と宣言しました。

廃棄。


各国は平均して毎年60億単位を消費しています。つまり、16.45mnのプラスチックカバーや袋が、1日で使用されています。世界平均では、キューバ人は1日に約2袋を使用しています。私たちは主に飲料水ボトルの廃棄について話しましたが、シャンプーとボディケア製品、医薬品、食料品、菓子などが入った他のボトルは、このカウントに含まれていません。再利用と廃棄の両方が特定の制限の下でカウントされます。世界標準の包装廃棄とリサイクルのシンボルは、錫、アルミニウム、段ボールなどの他の包装材料にも適用されますが、プラスチック包装の廃棄は、他の包装材料と比較すると深刻です。


最近では、加工食品やスキンケア用品など、多くの商品がビニール袋を何重にも重ねて梱包され、その上に紙で覆われ、最終的にビニール袋に入れられています。紙パッケージを使用する主な目的は環境を保護することであり、紙の包装と生産はプラスチック包装に比べて消費電力が少なくて済みます。また、食品産業は化石燃料への依存度が高く、温室効果ガスの排出量が多いため、世界人口の食料需要は2050年までに60%増加すると予想されています。

平均的な食品部門は、世界全体で年間約200EJを消費しています(FAO、2017;EIA, 2017)、そのうち45%が加工および流通活動に相当します。食品業界は依然として天然ガスや石油などの他の化石エネルギー源に依存しており、着実に減少しているため、それらのエネルギー使用量はGHGを直接増加させます。そのため、食品製造における現在の慣行は持続不可能であると考えられています。


食品を安全、確実、かつ清潔に輸送し、環境を保護するのに役立つ紙包装の新しい技術を考え出します。食品製造および包装産業でより持続可能なエネルギーを使用することで、持続可能になり、GHG排出量が少なくなります。ENPOSSは、持続可能なエネルギー転換を求めるすべての業界をサポートしています。当社の省エネ製品は、従来のエネルギーと再生可能エネルギーの両方で電力使用量の削減に役立ちます

bottom of page