top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

NASAが月面で発電所を打ち上げへ

Nov 15, 2022

Nasa.gov

NASAとDOEは、10年以内に月面に打ち上げられる可能性のある核分裂表面発電システムの設計について、3つの設計コンセプト案を選定しました。

過去数十年の間に宇宙科学は広く発展し、広大でほとんど知られていない宇宙を発見することへの渇望は非常に高まっています。多くの科学者や宇宙探査機関は、宇宙探査のための最先端技術を継続的に模索しており、これらの探査と研究エネルギーが重要な要素として浮上しています。


NASAとDOE(エネルギー省)の研究者は最近、月や火星の有人前哨基地に電力を供給できる核分裂炉を開発するための技術をテストしました。


核分裂炉は、原子を分裂させ、熱の形でエネルギーを放出することによって電気を生成します。この新しい原子力発電システムは、2006年に開始されたNASAのプロジェクト「Fission Surface Power」の一環で、宇宙空間で使用する設計を研究・開発しています。


原子力発電は、太陽光発電のような他の代替手段とは異なり、人間の生命維持システムに継続的なエネルギーを供給し、ガジェット、ロボット、ローバーを充電し、資源を採掘するための電力などを提供できるため、月や宇宙でのミッションで検討されています。原子力発電は、不要な質量をシステムに積み上げるソーラーシステムのような蓄電装置(バッテリーや燃料電池)を必要としません。宇宙空間の原子力発電システムは、太陽系のように太陽に依存しないため、より信頼性が高くなります。 核分裂表面発電は、月や火星の環境や気候条件に関係なく、豊富で継続的な電力を供給できます。


2021年、DOEはNASAと共同で、月面での実証のために10年以内に打ち上げられる核分裂表面発電システムのコンセプトを設計するよう米国企業に求める提案依頼書を発行しました。2022年6月、NASAとDOEは、10年後までに打ち上げの準備が整う可能性のある核分裂表面発電システムの設計について、3つの設計コンセプト提案を選択しました。このシステムは、月面で実証されます。 NASAは、まず月面で核分裂表面発電システムを実証し、使用し、その後火星で使用する予定です。


核分裂表面発電は、将来の宇宙探査で重要な役割を果たすことが期待されており、研究のために宇宙に費やす時間を増やし、環境への害が少ない持続可能なエネルギー資源となる可能性があります。


FORCEは、核分裂で発生するエネルギーを利用して、電気の流れを増やし、電気の損失を減らすことで節電するあらゆる電気使用施設で使用できるENPOSSの省エネ製品であり、電気料金の節約や発電時に発生する温室効果ガスの削減にも貢献します。

bottom of page