top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

英国の新車による低排出ガス記録

Sep 9, 2022

ザ・バージ

昨年の新車は、平均でCO2排出量を11%削減し、走行距離あたり約120グラムのCO2を削減しました。

地元の産業グループのデータによると、2021年の英国での電気自動車とハイブリッド車の排出量は過去最高を記録しました。これは評価すべき変化ですが、2035年までに英国の排出量を78%削減するという目標を達成するためには、充電ステーションと公共交通機関への投資がより大きな要件です。


英国の業界団体であるSociety of Motor Manufacturers and Traders(SMMT)によると、昨年の新車のCO2排出量は平均で11%減少し、走行距離1kmあたり約120グラムでした。これは、輸送(道路上)が年間の温室効果ガス排出量の4分の1以上を排出するため、ドライバーが運転するEVが排出量の削減に重要な役割を果たしていることを示しています。

2022年1月には電気自動車の販売台数が倍増したにもかかわらず、同月の新車登録台数はわずか12.5台にとどまっています。購入者は、充電ステーションが利用できないことに悩まされており、これがEVの迅速な普及を妨げています。英国は 2030年から内燃機関車、2035年からハイブリッド車の販売を禁止する計画。


「英国の自動車からの二酸化炭素排出量を削減するには、まだ登るべき山があります。今月、前庭から転がり落ちた90,000台の内燃機関は、平均して今後14年間、ドライバーを汚染し、ポケットに打撃を与え続けるでしょう」と、シンクタンクのニュー・オートモーティブの政策・研究責任者であるベン・ネルメスはガーディアン紙に語った。


世界全体では、2020年の電気自動車とハイブリッド車は乗用車販売の5%未満です。パンデミック以降、輸送の増加に伴い、排出量は回復しています。EVは、汚染とCO2排出量を削減する唯一の解決策ではありません。道路を走る車の台数を減らし、より歩きやすい都市を設計し、公共交通機関をより堅牢にすることが役立ちます。この機会に、EV充電ポートに接続できる製品FORCEを紹介します。興味のある方は、www.enposs.com をご覧ください。

bottom of page