top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

バイオバッテリーによるグリーン水素貯蔵

Nov 8, 2022

E & T

深海に生息する酢酸生成細菌は二酸化炭素を餌とし、水素の存在下で代謝してギ酸を形成します。この可逆的なプロセスは、グリーン水素の貯蔵に利用することができます。

気候変動との闘いにより、エネルギー転換を推進するためのカーボンニュートラルなエネルギー源の探索が加速しています。風力や太陽光発電などの再生可能エネルギーの助けを借りて水から製造されるグリーン水素は、有望な解決策の1つとして浮上しています。しかし、研究者たちは、この爆発性の高いガスを輸送・保管する際に障害にぶつかり、実行可能な化学的・生物学的解決策を模索しています。


フランクフルトのゲーテ大学の微生物学者チームは、斬新な解決策を発見しました。深海に生息する酢酸生成細菌は二酸化炭素を餌とし、水素の存在下で代謝してギ酸を形成します。この可逆的なプロセスは、グリーン水素の貯蔵に利用することができます。予備テストでは、システムは2週間にわたって非常に安定して動作しました。地方自治体や家庭用の水素貯蔵では、バクテリアが最初に水素を貯蔵し、同じバイオリアクターで再び放出し、長期間にわたって可能な限り安定して機能するシステムが望ましい。


このような蓄電池技術の発展は、エネルギー転換を後押しすることができます。グリーンエネルギーへの移行を効果的に行うには、炭素集約型のインフラが優勢な2つのセクターに焦点を当てる必要があります。2018年の世界の炭素排出量の40%を電力が占め、23%を輸送が占めています。

エネルギー転換は、クリーンエネルギー産業だけでなく、より広範な問題としての気候変動への取り組みへの貢献として、カーボンゼロを達成するために不可欠です。エネルギー消費の最適化は、エネルギー転換期にも同様に重要です。


ENPOSSは、省電力デバイスFORCEを使用することで、この移行を支援し、エネルギーを最大10〜15%節約すると同時に、二酸化炭素排出量を大幅に削減します。

bottom of page