top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

F1グランプリ:2030年までにカーボンニュートラルに

Aug 30, 2022

チャンネルニュースアジア

F1は、アップル、アマゾン、ゼネラルモーターズなどの多くの企業とともに、カーボンニュートラルの大規模な取り組みに参加しています。

F1グランプリは、常にガソリンを大量に消費するスポーツです。2019年初頭に発表されたF1レポートでは、直接的および間接的な排出量を含め、毎シーズン合計256,000トンを超える排出量が推定されています。これは、毎年55,600台の自動車が排出する二酸化炭素排出量に相当します。このうち、45%は各レースの実施に必要な航空、海上、道路輸送によるもので、さらに27.7%は人員、プロモーター、パートナーの輸送によるものです。

シンガポールF1選手権は、2030年までにネットゼロエミッションを目標としています。これを達成するために、今年の完全な持続可能性監査に続いて、2つの当事者が協力してレースの二酸化炭素排出量を削減する計画です。


今年のトーナメントは、二酸化炭素排出量を削減するために称賛に値する措置を講じています。


  1. 航空輸送の代わりに海上輸送などの機器について、炭素集約度の低い代替輸送モードを模索しています。



  2. レース用の機材を複数揃えて物流・物資を調達し、可能な限り現地調達することで海外輸送の削減を図る。



  3. 2023年からは、既存のF1トラック照明をよりエネルギー効率の高いLED照明に交換し、必要に応じて電気自動車またはハイブリッドサポート車両に切り替えます。



  4. 都市ごみ、非食品バイオマス、その他の炭素回収スキームで構成される独自の100%持続可能な燃料を開発します。



  5. コスト削減とカーボンニュートラルの達成を目指し、今年から始まる新しいレギュレーションに対応するため、新しいF1エンジンの開発を凍結する。


化石燃料を段階的に廃止し、世界的なカーボンニュートラルを達成するためには、エネルギー集約型産業分野の第一人者による協力が不可欠です。F1は、アップル、アマゾン、ゼネラルモーターズなどの多くの企業とともに、この大規模な事業に参戦しています。企業として、そして社会として、カーボンニュートラルに向けて目的を持って一歩を踏み出す責任は私たちにあります。


ENPOSSは企業として、力強い明日を創造することに尽力しています。FORCE- ENPOSSの革新的な省エネデバイスは、家庭やオフィスの二酸化炭素排出量を大幅に削減します。これは、よりクリーンで、より持続可能で、カーボンニュートラルな未来を思い描くすべての個人にとって賢明な選択です。

bottom of page