top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

EU、再生可能エネルギー事業の許可を加速

Jan 10, 2023

エコノミック・タイムズ

特にウクライナでの戦争やエネルギー危機に関連する経済の不確実性は、企業や住宅所有者に同様に影響を与えており、EU全体では多くの人がよりクリーンで持続可能なアプローチとエネルギー効率化対策に頼っています。

EUでは現在、家庭のエネルギー効率化プロジェクトに対する需要が高まっており、再生可能エネルギープロジェクトの許可も迅速化されています。これらの措置は、ロシア産燃料への依存を減らすという最近の決意の結果として加速しており、EUの気候目標にとって非常に有望であることが証明されています。


従来、再生可能エネルギープロジェクトは、認可、許可、地元の反対により、より長い遅延に直面していました。例えば、ギリシャ風力エネルギー協会によると、ギリシャでは、風力エネルギープロジェクトが稼働するまでに通常約8年かかります。


欧州委員会が策定した新しい規則では、新規の再生可能エネルギープロジェクトに対する許可交付は1年を超えてはならないと定められています。容量が約150kWの小規模なプロジェクトでは、6か月の許可プロセスが短縮されます。来週、ブリュッセルは再生可能エネルギープロジェクトを強化し、ロシアへの依存を終わらせるための一連の措置を発表する予定だ。

英国では、企業や住宅所有者は、暖房費の上昇に対抗するために、エネルギー効率に頼る傾向が強まっています。これには、壁、ロフト、天井の断熱性の向上、ヒートポンプ、再生可能エネルギー、その他の省エネ装置の採用が含まれます。


トラビス・パーキンス最高経営責任者(CEO)のニック・ロバーツ氏は「英国の住宅ストックのエネルギー効率を向上させるプロジェクトの需要が高まっていることは心強い。欧州で最も古い住宅ストックの1つである英国は、2050年までにネットゼロカーボンを達成するという野心的な目標を、現在の暖房費を削減し、将来の住宅を脱炭素化する是正活動にかかっています。」


特にウクライナでの戦争やエネルギー危機に関連する経済の不確実性は、企業や住宅所有者に同様に影響を与えており、多くの人がよりクリーンで持続可能なアプローチとエネルギー効率化対策に頼っています。FORCEは、10〜15%以上の電力を節約することにより、建物の全体的なエネルギー効率を向上させるのに役立ちます。FORCEは、建物の設計、断熱材、窓の処理など、他の効率対策と組み合わせることで、驚異的なエネルギー節約につながります。

bottom of page