top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

中国、グリーンエネルギーの余剰生産に苦慮

Nov 22, 2022

ブルームバーグ

中国では、余剰の再生可能エネルギーを吸収または貯蔵する送電網の能力は乏しい。その結果、一部の州ではグリーンエネルギーが浪費されています

気候温暖化の原因となる温室効果ガスの最大の排出源である中国は、2030年までに風力と太陽光の総容量を現在のほぼ2倍の1,200ギガワットに増やすことを約束し、北西部の砂漠地帯に大規模な再生可能エネルギー基地を建設する計画を立てています。中国の再生可能エネルギーの総消費量は、2025年までに標準石炭換算(TCE)で約10億トンに達すると予想されています。


これは非常に朗報ですが、余剰の再生可能エネルギーを吸収または貯蔵するグリッドの能力はわずかです。その結果、中国の一部の省ではグリーンエネルギーが浪費されています。経済情報日報によると、2021年に内モンゴル自治区で風力タービンによって発電された電力の約12%が、送電網の容量が過負荷になったために消散した。同時に、青海省の太陽光発電の10%が効果的に利用できなかった。人口の少ない甘粛省では、風力と太陽光発電の利用率は、2021年の97%近くから今年は90%を下回る可能性がある。他の多くの国がグリーンエネルギーの設置不足に悩まされたり、既存の太陽光発電所や風力発電所の天候の変動に悩まされているのに対し、中国の問題は著しく異なります。


これらの統計は、グリーンエネルギーへの移行のあらゆる側面を考慮に入れず、エネルギー危機に関連するさまざまな視点を考慮するという問題を強調しています。この豊富な再生可能エネルギーの供給を活用するための解決策は、エネルギーを効果的に貯蔵し、必要に応じて再分配する適切な技術と、余剰のグリーンエネルギーを必要とする地域に送電するための長距離送電線です。中国におけるこれらのソリューションの規模拡大は、再生可能エネルギープロジェクトの設置の緩やかな成長よりも優先されなければなりません。ボトルネックは、長期的にはグリーンエネルギーイニシアチブの縮小につながるべきではなく、必要な措置を講じる必要があります。


グリーンエネルギーの貯蔵・配電インフラと同様に、エネルギー転換やエネルギー危機の解決策を検討する際に見落とされがちなもう一つの解決策は、エネルギー効率です。それは、より少ない労力でより多くのことを成し遂げる力を与え、現在のニーズです。国や経済は、効果的なグリーンエネルギーへの移行を待つ間、家庭や商業スペースで消費される電力の一部を削減することで大きな恩恵を受けることができます。ENPOSSは、エネルギー消費量を10〜15%以上削減するFORCEを使用した優れたソリューションと、よりクリーンで持続可能な未来のビジョンを約束します。

bottom of page