top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

海運業における炭素税

Dec 20, 2022

ロードスター

炭素価格は、賢明に実施されれば、組織が脱炭素化の旅に乗り出すための多くのイネーブラーの1つです。

2018年、世界の海運排出量は10億7,600万トンのCO2に相当し、人間活動によって引き起こされる世界の排出量の約2.9%を占めています。米国、日本、多くのEU加盟国などの海洋国家は、この炭素集約型産業の排出量を削減するために必要な多くの措置を講じています。国際海事機関(IMO)は、化石燃料のコストを当初100ドル/トン引き上げ、2030年までに約300ドル/トンに引き上げる海運への炭素課税を議論することを提案しています。


しかし、そのような税は、サプライチェーンを下って船会社の顧客や最終消費者に浸透し、それを買う余裕のない最も貧しい人々にも影響を与えるのではないかという懸念が提起されました。さらに、トウモロコシや大豆などの必須作物が燃料生産に転用され、農地がバイオ燃料の生成に転用されるため、インフレ率が上昇し、食糧不足につながる可能性があります。したがって、炭素税メカニズムが顧客をインフレの影響から守ることを確実にすることが不可欠になります。


気候変動の広範囲にわたる影響は、私たちが知っている生活のあらゆる側面を手つかずのままにし、悪化の速度は指数関数的に増加し続けています。気候変動は、集団的な取り組みとして立ち向かい、対処し、解決する必要があります。炭素価格の価格は、賢明に実施されれば、組織が脱炭素化の旅に乗り出すための多くのイネーブラーの1つです。


海運会社は、持続可能な成功のために、短期、中期、長期にわたって最適な排出削減経路を積極的に計画する必要があります。運用コストの上昇を管理するために、多くの企業はすでにエネルギー効率を改善するための対策を講じています。ENPOSSは、海運会社とのコラボレーションを成功させてきた歴史があります。私たちは、運用エネルギーコストの削減に貢献し、低炭素の未来に沿った経済活動を促進することで、低炭素の未来における企業の競争力を高めることができます。今すぐENPOSSとコラボレーションして、未来に投資しましょう。


詳細については、以下をご覧ください。

https://theloadstar.com/shippers-claim-proposed-carbon-tax-could-be-worlds-biggest-baf/

bottom of page