top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

バイデン政権、35州で充電ステーションを承認

Dec 23, 2022

オートニュース

バイデン政権は、1兆ドルの資金で約500万のEV充電ステーションを建設するためのインフラ法を制定し、資金を提供しています。

現在、世界は温室効果ガスの排出によって引き起こされる気候変動の世界的な脅威をますます意識するようになっています。運輸部門は、2020年までに温室効果ガス排出量の約27%を最大の割合で排出します。

輸送による温室効果ガスの排出は、主に自動車、トラック、船舶、列車、飛行機の化石燃料の燃焼に起因します。


道路輸送は、発電と熱生産後の世界の温室効果ガス排出量で世界をリードしています。

世界的な脅威を軽減するために、電気自動車は今日、世界が尊敬している最良のソリューションと見なされてきました。


EV(電気自動車)の米国市場シェアは、2022年初頭までに4.6c/oに拡大しました。しかし、EV市場におけるこの大きな飛躍には、充電ステーションを利用できるようにするという大きな責任が伴います。


この目標を達成するために、バイデン政権は水曜日に52のEVインフラ展開計画のうち35を承認しました。このプログラムは、1兆ドルの資金で約500万のEV充電ステーションを建設するために、インフラ法によって作成され、資金提供されました。

各州は8月1日までに、米国エネルギー省と運輸省が12月に設立したエネルギー・運輸合同局にEVインフラ展開計画を提出し、州への資金配分など、全国的なEV充電ネットワークの計画と実施を支援しなければならなかった。

連邦政府のこの措置は、米国でのEVの販売と使用を増やし、EVの使用を促進するための大きな一歩となる可能性があります。


米国で環境に配慮したEVが目覚ましい成長を遂げても、もはや驚くことではありません。

このステップは、環境に有益であり、大気中のCO2の削減に役立つ可能性があります。FORCEは、すべてのEV充電ステーションとユニットに設置できるENPOSSの省エネデバイスであり、電力の損失を節約し、CO2排出量の削減にも貢献します。

bottom of page