top of page
Company(.jpg

ENPOSS

「Share Electricity, Share Love」キャンペーン

May 30, 2022

国民日報

ENPOSS×国民日報業務協約締結

ENPOSS(チェ・ソングォン代表、右)とクミン日報(ビョン・ジェウン社長)は30日、ソウル汝矣島(ヨイド)のククミン日報ビルで業務契約を締結し、電気と愛を分かち合うキャンペーンを実施することを決めた。「Share Electricity, Share Love」は、韓国の教会のエネルギーを削減し、独立していない教会や宣教師を支援し、低炭素でグリーンな成長を実践するキャンペーンです。

<第11回ククミンミッション賞「グリーン経営賞」を受賞>



ENPOSSが開発した節電機器を教会に設置することで、約10%の節電が可能です。チェ・ソングォン最高経営責任者(CEO)は「初期設置費用をかけず、一定期間の節電分からコストを回収できるため、製品自体が消費者から高い評価を得ている」と説明した。ビョン・ジェウン大統領は「節電、環境保全、布教活動を行うこのキャンペーンに参加できることに感謝している」と述べた。




[国民日報より抜粋]

bottom of page