top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

V2G技術とは何か、そしてそれがどのようにグリッドを救うことができるか

Oct 4, 2022

コロンビアニュース

革新的な技術であるV2G(Vehicle to Grid)は、電力網の逼迫を支えるのに役立つ可能性があります。V2G技術には、駐車中のEVのバッテリーからスマートグリッドに未使用の電力を運ぶための双方向充電器が含まれます。

カリフォルニア州からテキサス州、インディアナ州まで、送電網事業者は差し迫った容量不足の警告を発しています。これにより、熱波や山火事などの異常気象時に米国全土で計画停電が発生する可能性があります。米国全土で電力不足が深刻化しており、従来の発電所は、より環境に優しい発電所が稼働するよりも早く廃止されています。

ネットゼロに向けた競争の中で、運輸部門も大幅に刷新されており、電気自動車の割合が増加すると予想されています。2030年までに、約1億4,500万台の電気自動車、バス、トラック、バンが米国の道路を走ることになります。


「すべての輸送手段が電動化されれば、需要は実質的に倍増します」と、コロンビア・エンジニアリングのEV専門家であるマティアス・プラインドル氏は述べています。「そして、送電網はそれに耐えられるようには作られていません」。2020年の調査によると、米国はEVの急増する電力需要に対応するためだけに、2030年までに1,250億ドルを投資する必要があります。


革新的な技術であるV2G(Vehicle to Grid)は、電力網の逼迫を支えるのに役立つ可能性があります。V2G技術には、EVのバッテリーからスマートグリッドに未使用の電力を運ぶための双方向充電器が含まれます。ドライバーは95%の確率でEVを駐車しています。これらの駐車されたEVは、電力をグリッドに注入できる分散型エネルギー貯蔵庫となる可能性を秘めています。EVが充電されると、グリッドのAC(交流)電気がバッテリーのDC(直流)に変換され、これを使用して車両が走行します。双方向充電器は、DCをACに変換し、EVのリチウムイオン電池からグリッドに転送することができます。充電器は、バッテリーに出入りする電力を同時に制御することもできます。


業界の専門家は、V2G市場は2027年までに48%成長すると予測しています。今のところ、V2G技術を搭載した電気自動車は、日産e-NV200、日産リーフ、三菱アウトランダーPHEV、三菱エクリプスクロスPHEVの4車種のみである。今年は双方向充電が当たり前のようで、フォルクスワーゲン、フォード、ゼネラルモーターズは徐々に対応EVを発売しています。しかし、V2G技術が将来本当に実用化されるには、多額の投資と資金が必要です。


一方、エネルギー効率は、最大の利益を享受し、電力網を強化するために収穫できる最も低い果実であり、今後もそうであり続けるでしょう。IEAが推奨しているように、より効率的な建物から得られるエネルギー節約は、消費者による一時的なサーモスタットの調整と組み合わせることで、十分に効果があることがわかります。FORCEは、脱炭素化の目標を達成しながら、電力を節約し、コストを節約するのに役立ちます。FORCEを採用してエネルギー効率を高めることで、グリッドからの圧力を和らげることができます。これは、有意義な影響を与える確実な方法です。

bottom of page