top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

持続可能性のサクセスストーリー: 夜間に機能するソーラーパネル!

Sep 20, 2022

CNetの

スタンフォード大学の研究者が開発した改良型ソーラーパネルは、放射冷却と呼ばれるプロセスを使用して、夜間や曇りの状態でも発電でき、24時間の再生可能エネルギー発電を可能にします。

電力需要は日々増加しています。適切な冷暖房など、エネルギーによってもたらされるすべての快適さには、それに比例して高い電気代が伴います。今後10年間で、電気代は現在の2〜3倍になると予想されます。人々のライフスタイルに応じて、ほとんどすべての家にエアコン、電動自転車、自転車、スクーターがあります。現在、家庭の電力消費量は昼間が40%、夜間が60%です。


需要が高まる中、企業とサステナビリティの専門家は、キャンペーンの5つの主要柱であるエネルギー、資源、インフラ、モビリティ、ビジネスリーダーシップの「ミッション・ポッシブル」を達成するために絶え間なく取り組みました。


再生可能エネルギーの批評家は、その発電が不規則であり、特定の気象条件が必要であることを一般的に指摘しています。この課題を克服するために、カリフォルニア州のスタンフォード大学のチームは、放射冷却を使用して夜間や曇りの条件で発電し、24時間の再生可能エネルギー発電を可能にする「アンチソーラーパネル – これが未来です」改造ソーラーパネルを作成しました。パネルは、夜間に熱を放射しないように変更されています。しかし、夜の空気よりも冷たく、温度勾配を利用して発電します。


改良されたパネルは、1平方メートルあたり50ミリワットの発電量を記録し、夜間は日中よりも電力が少なくなるため、低電力デバイスにとってはありがたいことです。1平方メートルのパネル1枚で、携帯電話の充電器やLEDライトに電力を供給したり、デバイスを充電したり、センサーや監視機器をオンラインにしたりできます。「太陽は重要な再生可能エネルギー資源だと思われがちですが、宇宙空間の寒さも非常に重要な再生可能エネルギー資源です」と研究者は言います。


物体が夜に空を向いているとき、物体は周囲の気温よりも冷たくなることがあります。この効果は、建物の冷却技術に応用できることは明らかですが、温度差を利用して発電を促進することもできます。


「このアプローチの優れた点は、基本的に夜間に直接電源を供給できるため、バッテリーの蓄電を必要としないことです」と、研究者のShanhui Fan氏は述べています。したがって、メンテナンスもバッテリーストレージに比べて低コストです。この開発は、従来の電力なしで完全にグリッドから外れた低開発地域に住む人々を大いに助けます。新しいパネルは、製造も非常に簡単です。唯一の欠点は、パネルが曇りの夜にはあまり効果的ではないことです。


真夜中にLEDライトや携帯電話の充電器を動かす機能は、先進国のほとんどの人にとって画期的ではないように見えるかもしれません。それでも、電気がほとんどない人里離れた地域に住む人々の生活の質に大きな影響を与える可能性があります。さらに、これはほんの始まりにすぎません。従来のソーラーパネルは、過去数十年にわたって大幅なコスト削減と効率の大幅な改善が見られました。この斬新なテクノロジーの未来がどうなるかは誰にもわかりません。


ENPOSSは、持続可能なエネルギーと環境に優しいソリューションをサポートするためのすべての革新的なアイデアをサポートしています。当社の省エネデバイスであるFORCEは、ソーラーパネル発電機と一緒に使用して、太陽光発電からエネルギーへの変換効率を高めることができます。

bottom of page