top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

グリーンシンシナティとそのエネルギー効率ドライブ

Jan 20, 2023

WXVUの

シンシナティのプロジェクトには、フリートガレージ、消防署、レクリエーションセンター、行政ビルなど、9つの市庁舎の屋上ソーラーパネルの計画が含まれています。

シンシナティ市議会は最近、グリーンエネルギーへの移行と、エネルギー効率の高い運営のための94の市庁舎の改修に1,000万ドルを費やすことを約束しました。


このニュースは、米国における省エネの大きな重点と関連しています。米国エネルギー省(DOE)は、電球に関する2つの新しい規則を定めました。これらの規則は、バイデン政権が今年完了する100のエネルギー効率化アクションの一部であり、これらを合わせると、家族は毎年100ドルを節約できます。「エネルギー効率基準を引き上げることで、毎年30億ドルを米国の消費者のポケットに戻し、国内の炭素排出量を大幅に削減しています」と、米国エネルギー長官のジェニファー・M・グランホルムは述べています。


シンシナティのプロジェクトには、フリートガレージ、消防署、レクリエーションセンター、行政ビルなど、9つの市の建物の屋上ソーラーパネルの計画も含まれています。

2018年のグリーンシンシナティ計画は、2035年までに都市の建物で100%再生可能エネルギーを達成し、2050年までに炭素排出量を80%削減するという目標を設定しています。市当局は、輸送ニーズのために電気自動車のみを購入するという決定を実施することで、さらに一歩進んでいます。


最も環境に優しいエネルギーは、私たちが使わないエネルギーです。エネルギー効率の向上 – 二重窓、最新のサーモスタット、建物の断熱材、FORCEなどの実績のある省電力デバイスなどの基本的な投資によって達成され、既存のエネルギーをより有効に活用できます。


社会的な観点から見ると、エネルギー効率は、シンシナティなどの都市における多くの新しい熟練した雇用と経済活動の刺激、および米国全体のエネルギー安全保障を約束するため、大きな経済的および社会的利益をもたらします。ENPOSSは、エネルギー効率が、より持続可能で安全な世界のための多面的なツールになると信じています。

bottom of page