top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

GHGは2021年に50%多くの熱を閉じ込める

Sep 16, 2022

フォーブス

毎年約360億トンのCO2が、運輸、セメント製造、発電、農業、森林伐採など、多くの産業から排出されています。

憂慮すべき事実が、米国海洋大気庁(NOAA)で実施された研究によって最近明らかになりました。NOAAの科学者が証明したように、2021年には人間活動によって引き起こされたGHG汚染により、1990年よりも49%多くの熱が大気中に閉じ込められました。NOAAの年間温室効果ガス指数は、AGGIとして知られています。この指数は、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、クロロフルオロカーボン、その他16種類の化学物質など、熱を閉じ込めるガスの人為的排出による温暖化の影響の急増を追跡しています。簡単に言えば、この指数は地球温暖化の速度を直接表しています。


一連の複雑な数学的計算、変化率の研究、および前年との比較により、この厄介な数字が導き出されました。この莫大な数字に寄与した最大の原因はCO2でした。 輸送、セメント製造、発電、農業、森林伐採、その他の慣行など、多くの産業によって毎年約360億トンのCO2が排出されています。現在排出されているCO2のかなりの部分が、1,000年以上にわたって大気中に残留すると予測されています。2番目に寄与するGHGとしてメタンが浮上し、3番目に亜酸化窒素が続きました。これらの数字は、気候科学者や世界政府にとって憂慮すべきものであることが証明されている。


「脱炭素電力への移行は、ネットゼロエミッションへの効果的な移行を世界的に達成するための基本です」と、ネットゼロへの移行を推進するための独立したソリューションを開発する非営利団体であるClimateworks Centerの業界リーダーであるRob Kelly氏は述べています。


クリーンな再生可能エネルギーとエネルギー効率の使用により、二酸化炭素排出量を削減することは、国家や経済が気候変動の難問に取り組むための大きな味方であるだけでなく、各国の信頼と自律性を確保する手段としても浮上しています。省エネ機器FORCEは、毎年18,000トンのCO2を削減しています。今すぐFORCEを使用して、エネルギーとお金を節約しながら、地球温暖化の危機を緩和するために少しでも貢献してください!

bottom of page