top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

EIAは、米国の家計が高価な冬を過ごすと予想しています

Nov 29, 2022

環境影響評価 (EIA)

支出額が高いのは、燃料の小売価格の上昇とやや寒い冬が原因です。

EIA(エネルギー情報局)が2022年10月に発表した最新の発表によると、この冬、米国のほとんどの家庭がエネルギーにより多くのお金を費やすとされています。


EIAは、この高い支出は、小売価格の上昇とわずかに寒い冬によるものだと述べています。

米国の家庭の約90c/oは、主に天然ガスまたは電気を動力源とするヒーターを使用しています。EIAは、この冬に天然ガスの卸売価格が上昇し、冬季の発電における天然ガスへの依存度が高まるため、天然ガスと電気の両方の価格が上昇すると予想しています。EIAはまた、留出燃料油市場の価格圧力を反映して、この冬の天然ガス価格が19c/o高くなると予想しています。在庫の少なさ、輸入の少なさ、精製能力の低さも影響するでしょう。他の燃料とは異なり、プロパンの価格はこの冬、わずかに2%下落する可能性があります。


したがって、今年の冬は、エネルギー価格の上昇と寒い冬のために、米国の家計にとってよりコストがかかるでしょう。ENPOSSの省エネ機器であるFORCEは、電気を使用するあらゆる施設に設置でき、電気の流れを増やすことで、電気の損失を効率的に減らすことができます。また、エネルギーを節約することで電気代を削減し、この冬の二酸化炭素排出量の削減に貢献します。

bottom of page