top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

クリーンなスクールバス:より安全に学校に通う

Sep 27, 2022

EPA

米国では現在、コミュニティが古いディーゼルスクールバスからの排出量を削減するのに役立つように設計されたクリーンスクールバスプログラムに焦点を当てています。

アメリカではここ数年で学校の数が大幅に増加し、スクールバスは道路のほとんどいたるところで見かけます。


約2,500万人のアメリカの子供たちが毎日スクールバスで移動しています。スクールバスは、長年にわたり、学校への行き帰りの最も安全な交通手段でした。アメリカでは、スクールバスは毎年40億マイル以上を走行しています。


ここ数年、スクールバスは燃料(ディーゼル)で走行しており、これらのバスからの排気ガスには、PM、NO、および二酸化炭素やその他の有害ガスなどの温室効果ガスが含まれています。これらの放出されたガスは、特に肺が完全に発達していないために呼吸数が速い子供にとって、人間の健康に悪影響を及ぼします。また、気候変動や気温上昇など、環境にも影響を与えています。


解決策として、米国は現在、コミュニティが古いディーゼルスクールバスからの排出量を削減するのに役立つように設計されたクリーンスクールバスプログラムに焦点を当てています。学区、フリートの所有者と運営者、バスの運転手、保護者、生徒のすべてが、スクールバスからのディーゼル排出量の削減を支援するために重要な役割を担っています。


EPAの新しいクリーンスクールバスプログラムは、既存のスクールバスを電気および低排出モデルに置き換えるために、今後5年間で50億ドルを提供します。

超党派インフラ法からの資金提供が可能になりました。


電気スクールバスの利点


  • PMやNOxなどの有害なディーゼル排出物への曝露が少なくなります。学生、ドライバー、およびコミュニティのメンバーはより安全になります。


  • ディーゼルを燃料とする従来のスクールバスと比較して、温室効果ガスの排出量を削減しました。


  • エンジンや排気システムのメンテナンスコストを削減/ゼロ。


  • 回生ブレーキが実装されているため、ブレーキの摩耗が少なくなります。


  • 電気代に応じて、ディーゼルと比較して燃料費を削減できる可能性があります。


  • 静かでクリーンな操作とゼロ汚染。


  • フリートは、バスが使用されておらず、電力需要が高いときに、地元の電力会社と提携して電力をグリッドに戻す機会があります。


クリーンスクールバスプログラムに移行する上記の2つの方法のうち、多くの利点がありますが、電気スクールバスについても多くの開発を行う必要があります。充電ユニットの設置、インフラの変更、電力の使用にかかる費用は高くなりますが、それだけの価値は十分にあります。


FORCEは、電気が使用されているすべての施設に設置でき、電気の損失を減らし、電気料金を削減することができるENPOSSの省エネデバイスです。FORCEは、電気スクールバスが充電される学校に設置でき、輸送車両の生産性を高めることができます。

bottom of page