top of page
business-people-analyzing-statistics-financial-concept.jpg

ニュース

中国のエネルギー危機: 熱波と干ばつの結果

Sep 30, 2022

ガーディアン紙

エネルギー逼迫を緩和するため、四川省は石炭火力発電所を稼働させており、温室効果ガス排出量の増加の可能性について環境保護主義者の間で懸念が高まっています。

中国は過去60年間で最悪の熱波に見舞われており、先月、四川省全域に大打撃を与えた干ばつに伴い、いくつかの地域で気温が摂氏40度を超えました。


四川省では、電力不足に対応するため、トップレベルのエネルギー緊急事態が発令されました。四川省は、平時の水力発電のハブであり、中国の水力発電出力の30%を占め、国のネットワークを継続するための余剰電力を供給しました。


熱波は、何百万人もの人々がエアコンに目を向けたため、膨大な電力需要を引き起こし、大規模な電力不足を引き起こしました。被災地では食料が封鎖され、公共スペースは配給制となった。


このエネルギー危機により、中国政府は政治的言説を転換し、エネルギー安全保障をグリーンエネルギーへの移行よりも緊急の国家的使命として宣言した。現在、政府は需要を満たすために、石炭火力発電所の非常に新しい波に投資しています。中国の炭素排出量は119億トンを超えました。


エネルギー逼迫を緩和するため、四川省は石炭火力発電所を稼働させており、温室効果ガス排出量の増加の可能性について環境保護主義者の間で懸念が高まっています。中国は2006年に世界最大の温室効果ガス排出国となり、現在、世界全体の温室効果ガス排出量の4分の1以上を占めています。


そのような場合、ENPOSSの力のような省エネ装置は、シーズン中いつでもエネルギーを節約するのに役立ち、実証済みの結果を得ることができます。

bottom of page